高卒母でも子どもを国立医学部に入れれたよ

地方住みの普通のサラリーマン家庭ですが、家庭と学校の教育主体で国立医学部に現役合格できたので、その方法と考え方をご紹介します。

タイトルが先走り過ぎと長女から指摘を受けました

申し訳ございません

実は、長女はまだ国立大学の前期試験も後期試験も終わっていません。

なのでタイトルは厳密に言うとウソです。

 

防衛医科大学校医学科には正規合格しており、センター利用での早稲田大学の政経学部と法学部にも合格しています。(早稲田は進学予定はありませんが、センター試験でミスしていると困るので確認のために受験) 

 

偏差値的には防衛医科も国公立医学部程度の難易度となっていますので、仲間に入れてほしいところですが、厳密には大学校なので、「先走ってウソついちゃだめじゃん」と娘が申しております。

防衛医科は学費や寮費無料でお給料まで頂ける素晴らしいところなんですよー。

 

 

f:id:tiara83:20190217154505j:image

 

これまでの模試の結果やセンター試験の結果より、後期試験はたぶん合格できると思っていますが、万が一不合格だったらタイトルを訂正いたします。